ドキュメンタリー映画『ブラジル・バン・バン・バン』ザ・ストーリー・オブ・ソンゼイラ 〜ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて〜

title
title

CAST出演者

エルザ・ソアレス

エルザ・ソアレス

Elza Soares

ブラジルのサンバ・シンガー。現在70代後半。1950年代にタレント・コンテストで優勝し後、ファヴェーラからブラジリアン・ ミュージック・シーンに飛び出した。ブラジルでは大変知られた存在であり、今作で彼女が歌っている「ブラジルの水彩画」の作曲者、アリ・バ ホーゾに発掘された。ブラジルで最も影響があるシンガーであり、ジャイルスがこのプロジェクトに彼女を収録することは重要なことであった。

マルコス・ヴァーリ

マルコス・ヴァーリ

Marcos Valle

ブラジル音楽界のキー・プレイヤー。ボサノヴァ第二世代の旗手として登場以来、50年以上のキャリアをもつ。アルバム『サンバ68』は、ほとんどの曲を英語で歌い、アメリカで大ヒットした。ブラジル音楽とアメリカのポピュラー音楽を融合させることに成功し、サラ・ヴォーンほか、リオン・ウェアやシカゴなどとコラボーレーションを行った。本プロジェクトに取り組むにあたってジャイルスが真っ先に参加をオファーした音楽家。

ナナ・ヴァスコンセロス

ナナ・ヴァスコンセロス

Naná Vasconcelos

ブラジルを代表する世界的パーカッショニスト。ミルトン・ナシメント、エグベルト・ジスモンチ、ドン・チェリー、パット・メセニー、トーキング・ヘッズ、坂本龍一などとも共演するなど、独特の音世界は、世界中の音楽家を魅了して止まない。ブラジルの北東部レシーフェに住むナナは、今回このプロジェクトのためにリオに駆けつけた。

ウィルソン・ダス・ネヴィス

ウィルソン・ダス・ネヴィス

Wilson Das Neves

50年代から活動している、サンバ界のレジェンドにあたるドラマー/パーカッショニスト。サンバにR&Bの要素を持ち込んだドラム・スタイルの開祖で、68年にはエルザ・ソアレスとの双頭アルバムを発表した。60年代に活動したインスト・バンド、イパネマスを今世紀に入り再結成。近年はサンバのシンガーとしても活躍している。

セウ・ジョルジ

セウ・ジョルジ

Seu Jorge

シンガーソングライター。リオデジャネイロ郊外のファヴェーラ出身。映画『モロ・ノ・ブラジル』『シティ・オブ・ゴッド』『ライフ・アクアティック』に出演し俳優としても世界的に高評価を得ている。現在LA在住。最新作は『ムジカス・パラ・シュハスコ2』。

ガブリエル・モウラ

ガブリエル・モウラ

Gabriel Moura

シンガーソングライター/ギタリスト。サンバやショーロからクラシックやジャズまで演奏したサックス/クラリネット奏者、故パウロ・モウラの甥。90年代末、サンバとファンクのミクスチャー・バンド、ファロファ・カリオカの初代リーダーをつとめた。同バンド出身のセウ・ジョルジとも多くの楽曲を共作している。

アルリンド・クルス

アルリンド・クルス

Arlindo Cruz

シンガーソングライター/カヴァキーニョ&バンジョー奏者。80年代、パゴーヂのスタイルを確立したサンバ・バンド、フンド・ヂ・キンタルに参加し、現在はソロで活躍するほか大勢の歌手に楽曲を提供しているヒットメイカー。2012年、2014年FIFAワールドカップのオフィシャル・マスコット、アルマジロの“フレコ”のオフィシャル・ソング「Tatu Bom De Bola」を歌う。ブラジルでは自身のTV番組を持つ。

エヂ・モッタ

エヂ・モッタ

Ed Motta

シンガーソングライター。ブラジル屈指のグルーヴ・マスター。叔父は、60年代のブラジル・ファンクの大御所のチン・マイア。膨大なレコードコレクションと、日本のシティーポップへの情熱でも知られる。ジャイルスの良き友であり、ワイン仲間でもある。

アレシャンドリ・カシン

アレシャンドリ・カシン

Alexandre Kassin

21世紀のブラジリアン・ポップスのキーマンに位置するプロデューサー/ミュージシャン。モレーノ・ヴェローゾ、ドメニコとのユニット“+2”で頭角を現した。またオルケストラ・インペリアルのリーダーの一人でもある。ジャイルスがアルバム『ブラジル・バン・バン・バン』の制作準備のためにリオを訪れた際、オルケストラ・インペリアルのリハーサルの見学に行き意気投合。共同プロデューサーを担当し全曲に参加。

エマニュエル・アラウージョ

エマヌエリ・アラウージョ

Emanuelle Araujo

シンガー/女優。バイーア州サルヴァドール出身。地元の人気バンド、バンダ・エヴァの歌手として頭角を現し、現在はバイーア出身者のバンド、モイーニョのメンバーとしてリオを拠点に活動。オルケストラ・インペリアルのリハーサルでジャイルスがその歌声に惚れ込んだ。

マルチナーリア

マルチナーリア

Mart'nalia

シンガーソングライター。著名なサンバ・ミュージシャンのマルチーニョ・ダ・ヴィラとシンガーのアナリア・メンドゥーサの間に生まれた。10代から歌手として活動し、2002年にカエターノ・ヴェローゾの製作総指揮による本格的なデビュー作を発表。リオでは彼女のライヴは大勢の観客を集め大変人気がある注目の音楽家。

ロブ・ギャラガー

ロブ・ギャラガー

Rob Gallagher

元ガリアーノのフロントマンで、アール・ジンガーとしても知られる。ジャイルスのランニング仲間でありMCとしても活躍する盟友で、本作ではヴォーカルとアレンジで参加。